誕生石の起源



誕生石の起源は、聖書に登場する12の宝石と言われています。

元々は神に捧げる宝石であり、王族や聖職者だけが身につけることのできた高貴な石でした。


1912年アメリカのカンザスシティーで開催された宝石組合の大会で、宝石を広く知ってもらうために「誕生石」が定められました。

その後、1952年に改定されたものが現在の誕生石の基準になっています。


イギリスやフランス、日本にも普及しましたが、国の事情や文化、入手の難易度により誕生石の種類に若干の違いがあります。
 

◇日本の誕生石◇
日本では1958年に全国宝石卸商協同組合が制定した誕生石が最も古く、アメリカのものにサンゴ(3月)とヒスイ(5月)が追加されています。

1月  ガーネット

貞節・友愛・忠実

深い赤色から、日本名でザクロ石と言います。困難を乗り越え地道に積み上げてきた努力を実らせるパワーがあり、古代より闇から身を守る 守護石として愛用されてきました。旧約聖書では、ノアの方舟の行く手を照らした石とされています。

心を豊かにし、大切な人との絆を深める石とも言われます。

2月  アメシスト

誠実・心の平和

クリアな紫が美しい、深い霊的作用を持つとされる石です。持ち主の心と魂に働きかけ、現世での使命を自覚させてくれると言われます。

ヒーリング効果が非常に高く「ヒーラーの石」とも呼ばれます。 幸せな結婚へ導くとされます。

3月  アクアマリン

沈着・勇敢・聡明

海のような深い癒しと浄化のパワーをもつ石です。愛と幸福のお守りとして親しまれています。

エメラルドと同じ緑柱石(りょくちゅうせき)の仲間。

男女の愛情を結びつけ、富と成功を授ける「家庭繁栄の石」としても有名です。

4月  ダイヤモンド

清浄無垢

あらゆる鉱物の中で最も硬い天然石。その無垢な輝きは『永遠の絆』を象徴しています。

強力なパワーを持つこの石は、持ち主のエネルギーを増幅させる作用があると言われます。

5月  エメラルド

幸運・幸福

『幸運・幸福』を象徴すると言われ、その深い緑は、感情を落ち着かせて心身のバランスを取ってくれる色です。

そのため、古くから治療の石として使われてきました。

6月  ブルームーンストーン

健康・長寿・富

月の光を閉じ込めたような美しい乳白色で、インスピレーションを高めるパワーがあるとされます。

古くから月が宿る聖なる石として世界各地で愛されてきました。

月明かりが恋人達をやさしく照らすように、その絆を深めると言われます。

7月  ルビー

情熱・仁愛・威厳

身に着ける人を魅力的に輝かせ、「情熱の石」と呼ばれます。

恐怖や猜疑心を取り払い、勇気をもって積極的に人生に立ち向かう力を与えてくれます。

8月  ペリドット

夫婦の幸運・和合

この石が属するカンラン石は、地球の中心部マントルの主成分です。そのため、ストレスを軽減し、内的に美しく輝かせると言われます。

また、隕石から採取されることもあり、古代から「太陽の石」として崇拝されています。

暗闇に光をもたらす太陽のように、ポジティブな力を与えるパワーを感じます。

9月  ブルーサファイヤ

慈愛・誠実・徳望

ダイヤモンドの次に硬く、目標や願望を貫く強い意思をサポートするパワーを持つとされます。

ペルシャ神話では世界の基盤はサファイアでできていて、そのため空はブルーに光ると伝えられています。

10月   ピンクトルマリン

安楽・心中の歓喜

古代より電気を生じる不思議な石として神聖な儀式に使われてきた石で、浄化とひらめきを与えるパワーがあるとされます。

電磁波を取り除くことから、美容の石ともされ、あなたの魅力を引き出してくれるそうです。

11月   ブルートパーズ

友愛・希望

トパーズはその透き通った美しさから、持ち主に「誠実さ」や「ピュアな心」を育んでくれると言われています。
思考をクリアにして、感性を研ぎ澄ませてくれる効果から自分にとって本当に必要なものを見つけやすくなることでしょう。
また、曇った気持ちを振り払って、希望と夢をもたらしてくれると言われます。

12月   タンザナイト

成功を保証する

正式名称をブルーゾイサイトと言い、ネガティブなエネルギーを、ポジティブなものに変換する力に優れるとされ、あなたの良い部分を上手に表現するのを助けてくれると言われます。
非常に創造的なエネルギーを持ち、想いが伝わる石とされます。

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

東京都中央区銀座 台東区東上野

All rights reserved, Copyright (C) Ing Inc..